一般社団法人 街路樹診断協会
オンライン研修

一般社団法人街路樹診断協会は、街路樹など都市樹木の診断をとおして道路交通の安全と
快適な都市環境の創造に寄与し、会員相互の診断技術の向上を支援することを目的として活動しています。
都市樹木診断技術の普及と平準化への取組みの一環として、
協会員/非協会員に関わらず、都市樹木の管理・育成に携わる方を対象に、さまざまな研修を企画しています。


※初めての受講にはアカウント登録が必要です。
次回以降はログインだけで受講、受講履歴確認が行えます。

第11回
街路樹診断士新規認定試験

協会員で街路樹診断士資格を未取得の方が対象の研修です

街路樹診断には専門的な知識が不可欠です

地球温暖化に伴う気候変動による災害の甚大化により、今まで以上に都市樹木は過酷な生育環境を強いられており、
健全な育成のための新しい技術や考え方を診断士ひとりひとりが取り入れていかなければなりません

1. 関連するスキルを構築する

街路樹診断士講習と資格審査の継続。
誤診や倫理的問題が生じない街路樹診断士の育成を行います。

2. 最新の理論、技術から正しい診断の道を切り拓く

当協会は高い技術力もつ協会員で構成されていることがコア・コンピタンス(core competence)です。
高度なレベルの研修を本部・支部で開催し、志の高い技術者の養成を行います。

3. 正しい街路樹診断手法を広める

いまや街路樹診断は全国に広まりそれぞれの自治体で診断マニュアルの作成が行われています。
当協会は東京都の街路樹診断マニュアルの作成に、創業期から協力してきました。
その実績を踏まえ、各地においてマニュアル作成に協力し、正しい街路樹診断手法が全国に広まるように努めます。

一般社団法人 街路樹診断協会 会長 上杉 哲郎